もどる
前の写真 前の写真 次の写真
 交流センターの敷地内にも何本かのサルスベリの木があります。

 6月頃から、ずっと花が咲き続けています。
 約3か月咲き続けることから「百日紅」の名がついたとか。

 実際には、一度咲いた枝先から、再度芽が出てき花をつけるため咲き続けているように見えるということです。

   散れば咲き 散れば咲きして 百日紅
                加賀千代女